屋根の雨漏りの代表的な原因

屋根の雨漏りは原因があって起こります。

原因はざまざまですが、最も多いのが屋根材の劣化と、防水シートの劣化によるものです。

屋根の防水は葺いている材料と、防水シートの連携により行われます。

葺き材は硬くて丈夫で、日光や風雨、積雪などにも強い構造です。

一方、葺き材の防水性は完全ではありません。瓦などは隙間が多く、吹き込みで内部まで雨水が浸入します。
それを防ぐのが防水シートの役割です。

防水シートの防水性は完全ですが、外部の厳しい気候条件には耐えることができず、葺き材による保護が必要です。

ガジェット通信を理解するために必要な基礎知識をわかりやすく紹介します。

葺き材の劣化はカラー鉄板やコロニアル系の葺き材では10年程の短い期間で起こります。

口コミ評判の高い雨漏り修理費用の情報を要約した情報サイトです。

ガルバリウム鋼板はカラー鉄板よりも持ちが良く、フッ素鋼板は劣化のしにくい材料です。
瓦屋根は条件が良ければ100年以上の耐久性を示します。防水シートも経年により劣化し、葺き材のいたみが激しいほど早く劣化します。


それ以外の雨漏りの原因としては、トップライト廻りや雨どいの詰まりが原因の場合もあります。
トップライトの取り付け部分からは雨が浸入しやすく、シーリング類の劣化がそれを早めます。

雨どいは雑草や鳥の糞により詰まることがあり、そこから溢れ出た雨水が壁の中に浸入して雨漏りを起こします。

最近増えているのが太陽光発電パネルの設置によるものです。



本来屋根はトップライトを設置を想定していない場合が多く、そこへ防水には詳しくない業者がパネルを設置するために、雨漏りが起きてしまいます。