屋根からの雨漏りが部屋にダメージを与えたら

屋根に隙間ができて雨漏りが発生した場合に、覚えておきたいのは屋根の修理だけでは不十分な可能性がある点です。

雨漏りは確実に建物にダメージを与えます。

放置していれば木材の腐敗を招きます。
水が落ちてくるのを止めるのは大切ですし、雨が入らないように施工するのも重要ですが、一度は入り込んでしまった雨に対する処置を忘れないようにしましょう。部屋の壁紙に亀裂が発生して、その亀裂から水が落ちてきていた場合は、天井裏を消毒してもらったほうが安全です。



木材が湿り続けていると、腐敗に至らなくても独特の匂いが発生します。


人間やペットは気づきにくいのですが、衛生害虫が好む匂いで、腐りかけた植物ならではの匂いです。

雨漏りが発生していなければ、たとえ湿気が過剰になっていたとしても、腐りかけた植物の匂いは発生しにくいです。



雨水という、ある程度の量が流れ込んで、染み込んだのが問題点です。

屋根の修理と同時に、天井裏を確認してもらいましょう。

Weblio辞書情報に関する耳より情報を公開しています。

独自に天井裏の確認や修復を依頼すると工事費用はコストになりますが、雨漏りの修理の一環として依頼すると、確認作業そのものは無料で済む場合が多いです。

必要に応じて除菌や消毒を依頼すれば、薬剤散布のコストだけが追加料金になりますから、出張工事費のコストは節約できます。
屋根裏は風通しが良くなるように出入り口が施工されている場合もありますが、雨が入り込んでしまうと乾燥しにくい場所です。

ダメージを受けた箇所は、適切に修繕してもらうと衛生的に回復されます。